明治文學全集 27 森鴎外集

唐木 順三 編集 , 森 鴎外 著 , 正宗 白鳥 著 , 小泉 信三 著 , 中野 重治 著 , 森 於菟 著 , 吉田 精一 その他

文学のみにこだわらず、わが国の近代化を推し進めた思想的著作や文化的基礎資料を包含した一大パノラマ。毎日出版文化賞、菊池寛賞に輝いた全100巻の紙では最後の復刊。

明治文學全集 27 森鴎外集
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体7,500円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1965/02/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:菊判
  • ページ数:504
  • ISBN:978-4-480-10327-7
  • JANコード:9784480103277
唐木 順三
唐木 順三

カラキ ジュンゾウ

1904年長野県生まれ。旧制松本高校を経て、1927年京都大学哲学科卒業。1932年に初の評論『現代日本文学序説』を刊行し、以後、法政大学予科教授、明治大学教授などを歴任しながら、実存哲学と豊かな感受性を融合させた独特の評論活動を展開した。1980年没。著書に『無用者の系譜』『現代史への試み』『日本人の心の歴史』など多数。

この本の目次

舞姫
うたかたの記
文づかひ
半日
ヰタ・セクスアリス
普請中
花子
食堂
妄想
不思議な鏡
かのやうに
興津彌五右衛門の遺書
興津彌五右衛門の遺書(初稿)
阿部一族
即興詩人
冬の王
うた日記(抄)
我百首
航西日記
獨逸日記(抄)
柵草紙の本領を論ず
柵草紙の山房論文(抄)
傍觀機關(抄)
鴎外漁史とは誰ぞ
洋學の盛衰を論ず
假名遣意見
長谷川辰之助
Resignationの説
夏目漱石論
鼎軒先生
歴史其侭と歴史離れ
自彊不息
なかじきり
禮儀小言
森鴎外(正宗白鳥)
「即興詩人」(小泉信三)
鴎外論目論見のうち(中野重治)
鴎外と女性(森於菟)
解題(唐木順三)
年譜(吉田精一編)
參考文獻(吉田精一編)
詳細目次

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可