明治文學全集 66 國木田獨歩集

中島 健蔵 編集 , 国木田 独歩

文学のみにこだわらず、わが国の近代化を推し進めた思想的著作や文化的基礎資料を包含した一大パノラマ。毎日出版文化賞、菊池寛賞に輝いた全100巻の紙では最後の復刊。

明治文學全集 66 國木田獨歩集
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体7,500円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1974/08/30
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:菊判
  • ページ数:408
  • ISBN:978-4-480-10366-6
  • JANコード:9784480103666

この本の目次

武藏野
源おぢ
忘れえぬ人々
河霧
富岡先生
牛肉と馬鈴薯
女難
第三者
正直者
湯ヶ原より
少年の悲哀
夫婦
春の鳥
運命論者
巡査
酒中日記
馬上の友
惡魔
畫の悲み
空知川の岸邊
非凡なる凡人
鎌倉婦人
二少女
帽子
號外
戀を戀する人
竹の木戸
窮死
疲勞
節操
二老人
都の友へ、B生より
肱の侮辱
湯ヶ原ゆき
鎌倉妙本寺懐古
秋の入日
群書ニ渉レ
アンビシヨン
吉田松陰及び長州先輩に關して
不知庵譯「罪と罰」
養子
吾が知る少女の事を記す
波涛
大連灣占領後の海事通信
苦悶の叫
豊後の國佐伯
想出るまゝ
唯暗を見る
新躰詩の現状
高山文學士の論文に就て
夜の赤坂
福澤翁の特性
陶庵侯に就て
予の作物と人氣
自然を寫す文章
我は如何にして小説家となりしか
十年前の田園生活
予が作品と事實
雜談
余と自然主義
病牀雜記
愛讀せる外國の小説戲曲
不可思議なる大自然
獨歩氏の作に低徊趣味あり(夏目漱石)
獨歩氏の特長(徳田秋聲)
澁谷時代の獨歩(田山花袋)
日光時代(田山花袋)
鎌倉在住前後の獨歩氏(齋藤弔花)
國木田治子未亡人聞書(本多浩)
國木田獨歩論(中島健藏)
解題(中島健藏)
年譜(川岸みち子編)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可