明治文學全集 75 明治反自然派文學集(二)

成瀬 正勝 編集 , 小宮 豊隆 著 , 阿部 次郎 著 , 鈴木 三重吉 著 , 寺田 寅彦 著 , 小山内 薫 著 , 谷崎 潤一郎 著 , 後藤 末雄 著 , 久保田 万太郎 著 , 青木 健作 著 , 生田 長江

文学のみにこだわらず、わが国の近代化を推し進めた思想的著作や文化的基礎資料を包含した一大パノラマ。毎日出版文化賞、菊池寛賞に輝いた全100巻の紙では最後の復刊。

明治文學全集 75 明治反自然派文學集(二)
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体7,500円+税
  • Cコード:0393
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1968/08/26
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:菊判
  • ページ数:424
  • ISBN:978-4-480-10375-8
  • JANコード:9784480103758
谷崎 潤一郎
谷崎 潤一郎

タニザキ ジュンイチロウ

1886?1965年。東京日本橋に生まれる。一高、東京帝大国文科にすすむが、授業料未納で退学。在学中に発表した「刺青」などの短編小説を永井荷風に激賞されたことをきっかけに文壇にデビュー、以後、作品を次々に発表。耽美的世界を描いて文名を得たが、関西移住後は古典文化にも傾倒し、独自の世界を築く。主な作品に「痴人の愛」「春琴抄」「細雪」などの小説のほか、「源氏物語」の現代語訳がある。

この本の目次

安倍能成篇(長兄
「近代文藝之研究」を讀む
自己の問題として見たる自然主義的思想
自然主義に於ける浪漫的傾向
自然主義に於ける主觀の位置)
小宮豊隆篇(寒き影
淡雪
ダヌンチオの『死の勝利』と森田草平の『煤煙』)
阿部次郎篇(狐火
驚嘆と思慕
自ら知らざる自然主義者
再び自ら知らざる自然主義者
内生活眞寫の文學
内生活直寫の文學(再び))
和辻哲郎篇(夢のさめぎは
常磐
戯曲首級)
鈴木三重吉篇(女
黒血)
森田草平篇(落果
扉)
寺田寅彦篇(やもり物語
障子の落書)
小山内薫篇(留任
青泊君
感謝
反古)
谷崎潤一郎篇(刺青
少年)
後藤末雄篇(推移
死繪
素顔)
久保田万太郎篇(お米と十吉)
水上瀧太郎篇(新次の身の上
夢がたり評議員會)
青木健作篇(虻
夜の人々)
生田長江篇(自然主義論)
鈴木三重吉論(本間久雄)
四十四年文壇囘顧(宮本和吉)
「遊蕩文學」の撲滅(赤木桁平)
漱石と「朝日文藝欄」(熊坂敦子)
解題(成瀬正勝)
年譜(助川徳是他編)
參考文獻(助川徳是他編)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可