明治文學全集 84 明治社会主義文學集(二)

小田切 進 編集 , 福田 英子 著 , 幸徳 秋水 著 , 片山 潜 著 , 正岡 芸陽 著 , 堺 利彦 著 , 石川 三四郎 著 , 赤羽 巌穴 著 , 荒畑 寒村 著 , 平出 修 著 , 西川 光二郎

文学のみにこだわらず、わが国の近代化を推し進めた思想的著作や文化的基礎資料を包含した一大パノラマ。毎日出版文化賞、菊池寛賞に輝いた全100巻の紙では最後の復刊。

明治文學全集 84 明治社会主義文學集(二)
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体7,500円+税
  • Cコード:0395
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1965/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:菊判
  • ページ数:472
  • ISBN:978-4-480-10384-0
  • JANコード:9784480103840

この本の目次

福田英子篇(わらはの思出)
幸徳秋水篇(鳥語傳(公冶長物語)
長廣告
兆民先生
文士としての兆民先生
平民主義(抄)
余が思想の變化)
片山潛篇(故郷)
正岡藝陽篇(嗚呼賣淫國
人道之戰士(田中正造))
堺利彦(枯川)篇(隔塀物語
當世品定
蝶くらべ
白頭の戀
よろづ文學(抄)
望郷臺)
石川三四郎篇(虚無の靈光
自由戀愛私見
小學校教師に告ぐ
平民の心情)
赤羽巖穴篇(亂雲驚涛
谷中の廢村を訪ふ記
現社會の三奴隷
江川一座の娘玉乘
農民の福音(抄))
荒畑寒村篇(インバネス物語
舞ひ姫
座布團)
平出修篇(畜生道
所謂戰爭文學を排す)
社會主義の詩(由分社編纂)
余は如何にして社會主義者となりし乎(西川光次郎他)
遭逢と別離と(平出修)
平民短歌(荒畑寒村他)
噫露國の同志よ(荒畑寒村)
激湍集(赤羽巖穴)
流れ木(荒畑寒村)
社會主義者と文藝(荒畑寒村)
藤村氏の詩及び小説と初期の社會主義運動(白柳秀湖)
「種蒔く人」以前(平野謙)
解題(小田切進)
年譜(小田切進編)
參考文獻(小田切進編)
詳細目次
明治社會主義文學年表(小田切進編)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可