文学のみにこだわらず、わが国の近代化を推し進めた思想的著作や文化的基礎資料を包含した一大パノラマ。毎日出版文化賞、菊池寛賞に輝いた全100巻の紙では最後の復刊。

明治文學全集 91 明治新聞人文學集
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体7,500円+税
  • Cコード:0395
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1979/07/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:菊判
  • ページ数:496
  • ISBN:978-4-480-10391-8
  • JANコード:9784480103918

この本の目次

矢野龍溪篇(改良意見書)
犬養木堂篇(人間同等ノ主義
“東京士人ハ進取的政治思想ヲ振起スベシ”
通商論
讀東京日々新聞
再駁東京日々新聞
情理ノ辨
“年頭ノ辭”
執政官が意見を公示するの例を開くハ何れの時ぞ
憲法發布第一週年ノ頌辭
後藤伯爵
栗本鋤雲先生
都人士
民報刊行の趣旨
憲法第六十七條「同意」の解釋
再び憲法第六十七條の「同意」を釋す)
沼間守一篇(普ネク天下ノ俊傑ヲ招集シテ國憲ヲ制定セサル可ラズ
東京府會ハ權外ノ事ヲ議スルニ非ザル乎
藤原氏王室ヲ待ツノ制猶今日ニ存スル乎
地方官諸君ニ告ク
内閣ノ改革ハ果シテ國會ノ開設ヲ豫望スルニ足ル乎
告國會願望者諸君
凡庸政治家ノ通弊
地方官ハ宜シク議會ノ下ニアルベシ
“板垣退助君ヲ上野精養軒ニ招待セシ時ノ演説”
東京府民ニ告ク
直輸出未ダ必シモ喜ブベキニ非ズ
社會進歩ノ度ニ隨ヒ撰擧權ヲ伸濶スヘシ)
肥塚龍篇(婚姻性質辨
非天説
告東京府民
政事上ノ主宰ハ誰ソ
人ノ人才平均法ヲ問フニ答フ
兵制新論
政府ハ如何ナル基礎ノ上ニ架設スル者ナルヤ
非貧民救助論
日本鉄道會社ヲ論ス
天道是耶非耶)
島田三郎篇(國會第一期の政治意見
憲法第六十七條の疑問
足尾銅山鑛毒事件

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可