前田愛著作集 3 ─樋口一葉の世界

前田 愛

前田愛著作集 3 ─樋口一葉の世界
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体4,699円+税
  • Cコード:0395
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1989/09/29
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:448
  • ISBN:4-480-36003-4
  • JANコード:9784480360038

この本の内容

鹿鳴館が始まって五年、閨秀の集う萩の舎から隠れるように、樋口なつが筆を執りはじめた。女のわざと士族の矜りを棄て、桃水への想いを「厭ふ恋」に封じこめて書き上げる『大つごもり』『十三夜』『にごりえ』の女たち、『たけくらべ』の子どもたちの呼び声、明治の路地裏の怨念。

この本の目次

作家一葉の誕生まで
閨秀の時代
下田歌子
一葉日記覚え書
一葉の文学風土
一葉の転機『暗夜』の意味するもの
『大つごもり』の構造
『にごりえ』の世界
『にごりえ』断想
樋口一葉『にごりえ』
十三夜の月
子どもたちの時間『たけくらべ』
樋口一葉『たけくらべ』吉原・龍泉寺町
美登利のために『たけくらべ』佐多説を読んで
町の声
明治の西鶴
西鶴における性のイメージ
廓の女
陰画の街々
子どもたちの変容 近代文学史のなかで
遊びの中の子ども

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可