前田愛著作集 4 ─幻景の明治

前田 愛

前田愛著作集 4 ─幻景の明治
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 定価:本体4,796円+税
  • Cコード:0395
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1989/12/15
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:A5判
  • ページ数:560
  • ISBN:4-480-36004-2
  • JANコード:9784480360045

この本の内容

江戸から明治へ、時代が大きく変わるとき、言論は沸き、都市はその姿を一変し、多くの風俗と事件の陰に人の姿が交錯する。丹念な資料の読み込みが、幻景の街に見すえるのは、「明治の原景」である。関係諸論を加え、前田史学の全体像を集成する。

この本の目次

幻景の明治 歴史と文学のあいだ(「維新」か「御一新」か―明治維新と近代文学
高橋お伝と絹の道
三島通庸と鹿鳴館時代
元田永孚と教育勅語
井上哲次郎と高山樗牛
志賀重〓@50FCと日露戦争
鳴呼世は夢か幻か―野口男三郎事件顛末
開化の工匠―『五重塔』の嵐 ほか)
江戸と明治(衆道の詩仙・石川丈山
綱吉と吉保
馬琴と透谷―「侠」をめぐって
漱石と江戸文化
荷風における江戸
石川淳の江戸 ほか)
歴史と文学のあいだ(水野忠邦と鳥居耀蔵
草奔の悲劇・根岸友山
西南戦争と文壇 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可