ガルガンチュアとパンタグリュエル 2 パンタグリュエル

フランソワ・ラブレー 著 , 宮下 志朗 翻訳

ガルガンチュアの息子パンタグリュエルと従者パニュルジュが大活躍。巨人の軍隊を退治し、パリの貴婦人にいたずらをしかけ……魅力爆発の新訳。

ガルガンチュアとパンタグリュエル 2 パンタグリュエル
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:ら-5-2
  • 刊行日: 2006/02/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:496
  • ISBN:978-4-480-42056-5
  • JANコード:9784480420565
フランソワ・ラブレー
フランソワ・ラブレー

ラブレー,フランソワ

(1483?−1553)フランスの作家・医師。モンテーニュとともに16世紀フランスを代表する文学者。トゥーレーヌ地方シノンに、弁護士の末子として生まれる。フランチェスコ会修道院に修道士として起居し、哲学・神学を学ぶかたわらギリシャ語を独習。1528年ごろパリに上る。30年秋、モンプリエ大学医学部に登録。32年にリヨン市立病院に勤務、医師・古典学者として第一歩を踏み出す。そのころ『パンタグリュエル』を発表。34年『ガルガンチュア』、46年『第三の書』、52年に『第四の書』を完成。

宮下 志朗
宮下 志朗

ミヤシタ シロウ

1947年生まれ。東京大学名誉教授、放送大学教養学部教授。著書に、『本の都市リヨン』『ラブレー周遊記』『読書の首都パリ』『書物史のために』『神をも騙す』ほか多数。

この本の内容

フランス・ルネサンス文学を代表する作家ラブレーの記念碑的大作、待望の新訳第二弾。巨人王ガルガンチュアの息子パンタグリュエルが、才能豊かないたずら者パニュルジュとともに大活躍―イギリスの大学者との珍無類の論戦、パリの貴婦人への恋とふられた仕返し、さらに悪の化身の巨人ルーガルー退治など、名場面続出の物語。ラブレーの爆発的な魅惑を伝える新訳、ますます冴えわたる。『ガルガンチュア大年代記』を併せて収める。

この本の目次

パンタグリュエル
ガルガンチュア大年代記

読者の感想

2008.1.12 えのもと

電車で読んでいておもわず笑ってしまいました。別の出版社から出版されているものと違って訳は平易で、現代に合った名訳だと思いました。

早く続きが読みたいです。
いつ頃刊行予定が知りたいです。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可