ガルガンチュアとパンタグリュエル 3 第三の書

フランソワ・ラブレー 著 , 宮下 志朗 翻訳

純化された笑いの宇宙

パニュルジュが結婚を決意するも迷走、物語は夢や占いをめぐっての目くるめく言葉のアリーナと化す。浄められた〈愚者〉の世界の豊饒な魅惑。

ガルガンチュアとパンタグリュエル 3 第三の書
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:ら-5-3
  • 刊行日: 2007/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:608
  • ISBN:978-4-480-42057-2
  • JANコード:9784480420572
フランソワ・ラブレー
フランソワ・ラブレー

ラブレー,フランソワ

(1483?−1553)フランスの作家・医師。モンテーニュとともに16世紀フランスを代表する文学者。トゥーレーヌ地方シノンに、弁護士の末子として生まれる。フランチェスコ会修道院に修道士として起居し、哲学・神学を学ぶかたわらギリシャ語を独習。1528年ごろパリに上る。30年秋、モンプリエ大学医学部に登録。32年にリヨン市立病院に勤務、医師・古典学者として第一歩を踏み出す。そのころ『パンタグリュエル』を発表。34年『ガルガンチュア』、46年『第三の書』、52年に『第四の書』を完成。

宮下 志朗
宮下 志朗

ミヤシタ シロウ

1947年生まれ。東京大学名誉教授、放送大学教養学部教授。著書に、『本の都市リヨン』『ラブレー周遊記』『読書の首都パリ』『書物史のために』『神をも騙す』ほか多数。

この本の内容

フランス・ルネサンス文学を代表する作家ラブレーの記念碑的大作、待望の新訳第3弾。平和な時代を迎え、領主となったパニュルジュは、またたく間に財産を蕩尽、借財を抱えながら「借金礼賛」論議を展開。さらに、結婚を決意するもふんぎりがつかず、物語空間は、夢や占いをめぐっての、めくるめく言葉のアリーナと化してゆく。有名な“たまきんブラゾン”も登場、浄められたワイズフールの世界の豊饒な魅力。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可