完本 美空ひばり

竹中 労

昭和の大歌手・美空ひばりが生きた時代とひばりを支えた人々の思いとは? 戦後史の中に大スターを描く芸能ルポの最高傑作。
【解説: 山崎浩一 】

完本 美空ひばり
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0123
  • 整理番号:た-20-6
  • 刊行日: 2005/06/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:4-480-42088-6
  • JANコード:9784480420886
竹中 労
竹中 労

タケナカ ロウ

1930年生まれ。東京外語大学除籍。フリーのルポライターとして活躍。政治から芸能まで広い分野をテーマに、権威とは無縁な時代の心性を掘り起こす文章は、竹中節として多くの読者を魅了した。91年5月19日肝臓癌で死去。父親は画家の竹中英太郎。主な著書に『黒旗水滸伝』(皓星社)『山谷・都市反乱の原点』『琉球共和国』『世界赤軍』『ビートルズ・レポート』『にっぽん情哥行』などがある。

この本の内容

日本歌謡史上最大のスター・美空ひばり。昭和の影を色濃く背負いながらも、今日なお多くの人々の魂をとらえて離さない。日本人の心情を直撃した魅力。ジャズも歌いこなした音楽的才能のすべて。小林旭との離婚など順調ではなかった私生活。三代目山口組との関係で、世間の指弾や反発を受けながらも屈せずに生きた強さ…。ひばりの本質へと迫った竹中労の最高傑作。

この本の目次

第1部 笑顔と涙の遠い道(私は街の子―生いたち(一九三七〜四七)
リンゴの花びらが―スターへの道(一九四八〜五二)
わかれ道―ひばり自身の追憶から(一九五二〜六五)
さよならの向うに―ひばりはどこへゆく)
第2部 地球の上に朝がくる―歌ごよみ三〇年(戦争のなかをゆく歌謡曲―ひばりを生んだ社会的背景
歌でみる二〇年―ひばりをめぐる戦後社会史)
第3部 かくて、それからの美空ひばり(五・三〇、ひばりとの出会い
わが青春の美空ひばり―戦後映画史の流れにつづる
ゴッド・マザーの死)
付録 竹中労がえらぶ・ひばり映画ベスト10

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可