不屈のために ─階層・監視社会をめぐるキーワード

斎藤 貴男

「勝ち組、負け組」「住基カード」などのキーワードから、格差が増大され、国民管理が強化されるこの国を問う。新原稿収録。
【解説: 鈴木邦男 】

不屈のために ─階層・監視社会をめぐるキーワード
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体740円+税
  • Cコード:0136
  • 整理番号:さ-24-2
  • 刊行日: 2005/06/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:4-480-42093-2
  • JANコード:9784480420930
斎藤 貴男
斎藤 貴男

サイトウ タカオ

ジャーナリスト。1958年東京生まれ。早稲田大学商学部卒業。英国バーミンガム大学修士(国際学MA)。新聞記者、週刊誌記者を経てフリーに。さまざまな社会問題をテーマに精力的な執筆活動を行っている。『「東京電力」研究 排除の系譜』(角川文庫)で第三回いける本大賞受賞。著書に『日本が壊れていく』(ちくま新書)、『「心」と「国策」の内幕』(ちくま文庫)、『機会不平等』(岩波現代文庫)、『『あしたのジョー』と梶原一騎の奇跡』(朝日文庫)など多数。

この本の内容

気鋭のジャーナリストが、身近な言葉からこの国の格差と監視社会の実態をあぶり出す。「勝ち組、負け組」「DNA」等の言葉から階層社会化を、「個人情報保護法案」「Suica」「住基ネットのICカード」等から管理・監視社会化を、「有事」他から戦争社会化を暴き出す。ひと握りの「勝ち組」が支配する超監視国家の姿が立ち現れる。文庫化にあたり最新事情についての未収録原稿を追加。

この本の目次

1 エリートと非エリートの格差を広げる言葉―不公平・階層社会化の証明
2 なんでもツツヌケ社会の言葉―監視社会化の証明
3 強者の言うなり社会の言葉―管理社会化の証明
4 戦時シフトに慣らされる言葉―戦争受容化の証明
5 思考停止に役立つ言葉―知性停滞の証明
6 日本の近未来がわかる言葉―強者が指向する社会の肖像
7 最新事情―文庫化のために

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可