森鴎外集 鼠坂 文豪怪談傑作選

森 鴎外 著 , 東 雅夫 編集

狂気、不安、冒涜、盲信……近代と前近代の狭間にうごめく闇を鴎外ならではの筆致で描く。世界各地から収集し翻訳した怪談小説も多数収録。

森鴎外集 鼠坂 文豪怪談傑作選
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:ふ-36-2
  • 刊行日: 2006/08/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:400
  • ISBN:4-480-42242-0
  • JANコード:9784480422422
東 雅夫
東 雅夫

ヒガシ マサオ

1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。元「幻想文学」編集長、現「幽」編集長。ちくま文庫「文豪怪談傑作選」シリーズはじめ編纂・監修書多数。著書に『遠野物語と怪談の時代』(日本推理作家協会賞受賞)『百物語の怪談史』『文学の極意は怪談である』など。

著者に関する情報

「幻妖ブックブログ」はこちら

この本の内容

日本近代文学興隆期の巨人・森鴎外は、同時代のヨーロッパで書かれた怪異奇想小説の逸品を、誰よりも早く、達意の訳文でわが国の読者に紹介するとともに、みずからも好んで怪談奇談の筆を執った。死霊の復讐、旧家に蟠る怨念、分身譚、神仏の祟りなど多彩な創作怪談と翻訳怪奇小説を集大成した本書は、文豪鴎外による「独り百物語」もしくは鴎外版「世界怪談名作集」ともいうべき試みである。

この本の目次

常談(ファルケ)
正体(フォルメラー)
佐橋甚五郎
二髑髏(ミョリスヒョッフェル)
魔睡
負けたる人(ショルツ)
金毘羅
刺絡(シュトローブル)
鼠坂
破落戸の昇天(モルナール)

忘れて来たシルクハット(ダンセイニ)
影影と形
心中
己の葬(エーヴェルス)
不思議な鏡
分身(ハイネ)
百物語
「我百首」より二十五首

読者の感想

2010.5.27 羊我堂

 鴎外の翻訳作品が多数収録されていて、うれしい。


 近頃は、新訳の出版がもてはやされているけれど、百年前の鴎外の訳だって読めばドキドキ、途中で本を閉じるのが惜しくなる。“新訳”に負けてはいない。
 いつの日か『森鴎外“翻訳”全集』なんて、ちくま文庫から出版されないものかしら、と思ってしまいました。・・・でも、ちくま文庫では既に『森鴎外全集』が出版されているんですよね・・・代表的な翻訳作品なら収録されているみたいだけれど、それだけじゃあ消化不良です。やっぱり翻訳作品あるだけ全部読みたい! ちょっとワガママなことを書いてしまいましたが、鴎外の翻訳はそれだけの価値が充分にあると思うのです。無理にとは言わないけれど、実現したらいいな、と心ひそかに願っておりますデス。ハイ。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可