新編 軟弱者の言い分

小谷野 敦 著 , 小谷野 敦

丈夫な奴らにこの辛さが分かるか!

スポーツは苦手、外出すれば帰りはヘトヘト。丈夫な奴らにこの苦しみが分かるか! 物申したいことだらけの思いを綴ったエッセイ集。
【解説: 枡野浩一 】

新編 軟弱者の言い分
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:こ-30-1
  • 刊行日: 2006/11/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:4-480-42279-X
  • JANコード:9784480422798
小谷野 敦
小谷野 敦

コヤノ アツシ

1962年茨(★正字)城県生まれ。東京大学文学部大学院比較文学比較文化専攻博士課程修了、学術博士。大阪大学助教授、東大非常勤講師などを経て、作家、文筆家。著書に『もてない男』(ちくま新書)、『聖母のいない国』(河出文庫、サントリー学芸賞受賞)、『現代文学論争』(筑摩選書)、『谷崎潤一郎伝』『里見�ク伝』『久米正雄伝』『川端康成伝』(以上、中央公論新社)ほか多数。小説に『悲望』(幻冬舎文庫)、『母子寮前』(文藝春秋)など。

小谷野 敦
小谷野 敦

コヤノ トン

1962年茨城県生まれ。本名読み・あつし。東京大学文学部英文科卒、同大学院比較文学比較文化専攻博士課程修了、学術博士。1990−92年、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学に留学。大阪大学助教授、東大非常勤講師などを経て、作家、文筆家。著書に『もてない男』『バカのための読書術』(ちくま新書)、『〈男の恋〉の文学史』(朝日選書)、『日本売春史』(新潮選書)、『聖母のいない国』(河出文庫、サントリー学芸賞受賞)、『恋愛の昭和史』(文春文庫)、『現代文学論争』(筑摩選書)ほか多数。小説に『悲望』『童貞放浪記』(幻冬舎)、『母子寮前』(文藝春秋、芥川賞候補)などがある。

この本の内容

スポーツは相撲以外に興味無し。ファッションにはほぼ無関心。テレビドラマなんか見もしない。外出すれば帰りにはヘトヘトになる。だから座っていると、俺より元気そうな老人が乗ってくる。そういうときは信念にしたがって座り続ける。ああ、「もてない」うえに「軟弱」。この苦しみがエネルギー過剰な「丈夫な奴ら」に分かるか!相も変わらず世の中に向かって物申したいことだらけの思いを綴ったエッセイ集。新たに「軟弱者2006」を加筆して、新編文庫決定版、ここに完成。

この本の目次

1 ひとこと言わせてくれ!(私は「ボク」ではない
軟弱者の言い分 ほか)
2 どういうわけなんだ?(ベストセラー小説に疑義を呈する
外国人力士は「毛唐」ではない! ほか)
3 そんなもんかもしれない…(男好きのする女とは?
私が女だったら… ほか)
4 軟弱者2006(俵万智は電車に乗らない
日記をおもしろがる人びと ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可