この国で女であるということ

島崎 今日子

本質にまっすぐ届く
20人の鮮やかな<女の肖像>

桃井かおり、林真理子、大竹しのぶ、天海祐希、それに田岡由伎・重信メイなど、アエラ「現代の肖像」連載の人物ルポの決定版!
【解説: 小倉千加子 】

この国で女であるということ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0136
  • 整理番号:し-27-1
  • 刊行日: 2006/11/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:4-480-42282-X
  • JANコード:9784480422828

この本の内容

インタビューの技は業界一と定評のある著者が『アエラ』の“現代の肖像”で掘り下げて聞いた傑作選20人。両親・友人・恩師・夫・仕事仲間などにも綿密な周辺取材を行うため、記事を読んでから一週間は連絡がなくなり、その後、お礼の電話がかかってくるという、伝説のインタビュー。中島みゆき・重信メイ(重信房子の娘)・たかの友梨・山本文緒―単行本未収録の4人を加えた、まっすぐに本質に届く、鮮やかな女の肖像。

この本の目次

欲望(桃井かおり・女優―「女優の宿命」から脱却する力
北川悦吏子・脚本家―視聴率って潔いから好き ほか)
表現(白石加代子・女優―「出雲の阿国」新たなる神話の始まり
中島みゆき・シンガーソングライター―孤高の歌姫の「地上の星」 ほか)
母の娘・父の娘(田岡由伎・カウンセラー―「山口組三代目の娘」自立への闘い
山本文緒・作家―あの母がいたから ほか)
闘い(辛淑玉・人材育成コンサルタント―闘う女は強く優しい
山本容子・版画家―美神の闘い ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可