ヨーロッパに消えたサムライたち

太田 尚樹

ハポン姓が語るルーツの謎
支倉常長遣欧使節団の大航海に秘められた歴史ミステリー!

伊達政宗の特命を受けたサムライたちが大航海の果てに見たものは? 謎と驚きに満ちた支倉常長遣欧使節団の全貌に迫る歴史ノンフィクション。

ヨーロッパに消えたサムライたち
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0120
  • 整理番号:お-51-1
  • 刊行日: 2007/01/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-42295-8
  • JANコード:9784480422958

この本の内容

スペインの小さな町に、日本を意味する“ハポン”という苗字をもつ人々が住む。自分たちを支倉常長遺欧使節の子孫だと信じて疑わない。はたして彼らはその末裔なのだろうか?1613年伊達政宗の特命を受け、ヨーロッパに向けて旅立った一行。政宗・幕府・宣教師、それぞれの思惑を背負ったサムライたちが大航海の果てに見たものは?謎に満ちた使節団の全貌に迫る歴史ノンフィクション。

この本の目次

ハポン姓の町コリア・デル・リオ
日本に到来した大航海時代の波
フライ・ルイス・ソテロ神父と伊達政宗
船出前夜
万里の波涛を越えて
栄華の町セビーリャ
首都マドリッド
ドン・フィリッポ・フランシスコ・ハセクラ
遙かなるローマへ
地中海の船旅
永遠の都ローマ
引き潮のごとく
苦悩の日々
失意の帰国
長い旅路のエピローグ
後日談―支倉常長一行と子孫たちの話

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可