石川淳短篇小説選 石川淳コレクション1

石川 淳 著 , 菅野 昭正 編集

短篇の名品を編む一冊本選集

日本の現代小説を切り拓いた文人の著作を三冊に編む選集。第一巻は、「マルスの歌」から「鏡の中」までベスト短篇セレクション。

石川淳短篇小説選 石川淳コレクション1
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:い-24-4
  • 刊行日: 2007/01/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:978-4-480-42301-6
  • JANコード:9784480423016
菅野 昭正
菅野 昭正

カンノ アキマサ

1930年、横浜生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。東京大学教授、白百合女子大学教授を経て、現在は世田谷文学館館長、日本芸術院会員。著書に『ステファヌ・マラルメ』(読売文学賞)、『変容する文学の中で 文芸時評』(全3巻)など。訳書に、クンデラ『不滅』、ル・クレジオ『アフリカのひと』など、多数。

この本の内容

和漢洋にわたる深い知見と尖鋭な批評意識に裏打ちされた作品世界によって、日本の現代小説を切り拓いた文人の著作を三冊に編む選集。本巻は短篇ベストセレクション。

この本の目次

マルスの歌
黄金伝説
無尽燈
焼跡のイエス
かよい小町
雪のイヴ
影ふたつ
灰色のマント
まぼろし車
裸婦変相
喜寿童女
金鶏
ゆう女始末
鸚鵡石
鏡の中

読者の感想

2007.1.29 ponta

mogeraさんのご意見にまったく賛同いたします。是非是非お願いいたします。

2007.1.16 mogera

かつて石川淳全集を出版されていた貴出版社には、是非森鴎外や芥川龍之介らと同じく、石川淳の文庫版全集を出版して欲しいです。無論今回の選集もよい企画だと思いますが、既読の作品が殆どで残念ですので。どうかお願いいたします。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可