石川淳長篇小説選 石川淳コレクション2

石川 淳 著 , 菅野 昭正 編集

「白猫」「八幡縁起」「天馬賦」
凛冽な耀きを放つ三篇を収める。

日本の美のゆくえを透視する『白描』、全共闘をはじめ政治が沸騰した季節を背景に描かれた凜冽な『天馬賦』、『八幡縁起』の長篇傑作三篇を収録。

石川淳長篇小説選 石川淳コレクション2
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:い-24-5
  • 刊行日: 2007/02/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:512
  • ISBN:978-4-480-42302-3
  • JANコード:9784480423023
菅野 昭正
菅野 昭正

カンノ アキマサ

1930年、横浜生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。東京大学教授、白百合女子大学教授を経て、現在は世田谷文学館館長、日本芸術院会員。著書に『ステファヌ・マラルメ』(読売文学賞)、『変容する文学の中で 文芸時評』(全3巻)など。訳書に、クンデラ『不滅』、ル・クレジオ『アフリカのひと』など、多数。

この本の内容

和漢洋にわたる深い知見と尖鋭な批評意識に裏打ちされた作品世界によって、日本の現代小説を切り拓いた文人の著作を三冊に編む選集。日中戦争にむかって緊迫を深めてゆく時代を背景に、“美”を求めて生命を燃やす人々の姿を浮彫にする「白描」、全共闘運動をはじめ政治が沸騰した季節を舞台に、凄絶なテロの行方を描く「天馬賦」、および「八幡縁起」。傑作三篇を収録。

この本の目次

白描
八幡縁起
天馬賦

読者の感想

2007.3.12 柳澤隆昭

前の巻の短編小説選と同様に、こうした選集を読む際には、数多い長編の中から私の敬愛する編者が何を選んでいるのかというのが大変楽しみでした。再読する小説が含まれていても、編者の企てにそのまま従って、順番に読んでいくのが楽しく、殆どの小説を以前とは違った印象で読み終えました。そして最後にその編者の解説を楽しみました。同様の選集の企画を望む一方、筑摩書房から出版されいた諸全集の文庫版の出版も切望しております。中村光夫、唐木順三、武田泰淳、大岡正平の全集など、古書店で入手したり図書館から借りて読むことはできますが、常にかばんに入れ、どこでも読むことのできるこれらの文庫版全集がでるのを夢見ております。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可