人生の教科書 [数学脳をつくる]

藤原 和博 著 , 岡部 恒治

数学がわかれば、
世界がわかる!

[よのなか]には、実は数学的な考え方がとても多く隠されています。中の問題を解くことで、物事の「本質を見抜く力」が鍛えられていきます!

人生の教科書 [数学脳をつくる]
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体660円+税
  • Cコード:0141
  • 整理番号:ふ-29-7
  • 刊行日: 2007/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:208
  • ISBN:978-4-480-42373-3
  • JANコード:9784480423733
藤原 和博
藤原 和博

フジハラ カズヒロ

1955年東京生まれ。東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。東京営業統括部長、新規事業担当部長等を歴任後、1996年同社フェローとなる。教育改革実践家。2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。奈良市立一条高校・前校長。著書は『人生の教科書[よのなかのルール]』(ちくま文庫)、『10年後、君に仕事はあるのか? 未来を生きるための「雇われる力」』(ダイヤモンド社)、『坂の上の坂』(ポプラ文庫)、『45歳の教科書――戦略的「モードチェンジ」のすすめ』(PHP研究所)等多数。詳しくは「よのなかnet」〈http://www.yononaka.net〉に。

岡部 恒治
岡部 恒治

オカベ ツネハル

1948年生まれ。東京大学理学部卒、同大学院修士課程修了。都立大学助手、埼玉大学助教授を経て1989年埼玉大学経済学部教授。専攻は位相幾何学・数学教育。

この本の内容

「なんで、数学を勉強しなきゃいけないの?」そんな疑問を持っている子どもたち、または疑問に思ったまま大人になった人たちへ。「よのなか」には数学的な考え方がとても多く隠されており、中の問題を解いていくうちに「本質を見抜く力」が鍛えられていきます。「くっつける技術」「区別する技術」「捨てる技術」「かみくだく技術」「寄せる技術」「なんとなくの技術」「近似する技術」「類推する技術」という8つの技術により、「本質を見抜く数学脳」が身につきます。

この本の目次

第1章 本当の仲間はずれは存在するか
第2章 ウ○コはみ出しの法則
第3章 山手線の謎
第4章 マッチ棒遊戯
第5章 独裁者の誤算
第6章 鉛筆は剣より強し
第7章 発想力でライバルに差をつける
第8章 恐るべき「類推」

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可