私の好きな曲 吉田秀和コレクション

吉田 秀和

限りない喜びがあふれる
魅惑の音楽エセー

永い間にわたり心の糧となり魂の慰藉となってきた、著者の最も愛着のある音楽作品について、その魅力を明晰に語る、限りない喜びにあふれる音楽評論。

私の好きな曲 吉田秀和コレクション
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,300円+税
  • Cコード:0173
  • 整理番号:よ-20-1
  • 刊行日: 2007/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:592
  • ISBN:978-4-480-42391-7
  • JANコード:9784480423917
吉田 秀和
吉田 秀和

ヨシダ ヒデカズ

1913年9月23日、日本橋生れ。東京大学仏文科卒。現在、水戸芸術館館長。戦後、評論活動を始め『主題と変奏』(1953年)で指導的地位を確立。48年、井口基成、斎藤秀雄らと「子供のための音楽教室」を創設し、後の桐朋学園音楽科設立に参加。57年、「二十世紀音楽研究所」を設立。75年『吉田秀和全集』で大佛次郎賞、90年度朝日賞、『マネの肖像』で読売文学賞受賞。2006年、文化勲章受章。著書多数。

この本の内容

深い感動とともに心に刻まれた音楽の数々―バッハ「ロ短調ミサ曲」、モーツァルト「クラリネット協奏曲」、ベートーヴェン「第九交響曲」「弦楽四重奏曲」作品131、ブルックナー「第九」、R.シュトラウス「ばらの騎士」、ベルク「ヴァイオリン協奏曲」など、永い間にわたり、心の糧となり魂の慰藉となった、著者の最も愛着のある曲について、その限りない魅力を明晰に語る作品論の決定版。

この本の目次

ベートーヴェン『弦楽四重奏曲嬰ハ短調』作品一三一
ベートーヴェン『ピアノ・ソナタハ短調』作品一一一
モーツァルト『クラリネット協奏曲』K六二二
シューベルト『ハ長調交響曲』D九四四
ストラヴィンスキー『春の祭典』
ブラームス『ヴァイオリン協奏曲』
ドビュッシー『前奏曲集』
ヤナーチェク『利口な女狐の物語』
R・シュトラウス『ばらの騎士』
ブルックナー『第九交響曲』〔ほか〕

読者の感想

2009.2.26 Jun

この本を初めて読んだのは20数年前になります。バルトークの曲は苦手でしたが、吉田さんの文章を読んで改めて聴いています。この本から音楽だけではなく、人生そのものを学びました。

2008.4.24 黄英治

吉田秀和『世界の指揮者』(ちくま文庫)を読み終えた。楽しんだ。
音楽、音=空間に放たれると、消えてしまう音・音楽を、どうしてあんなに見事に文章にできるのか。その表現の豊穣、展開のうまさ、知識の広さ、深さ。批評基準の確固さ(それに対する異論と批判は保持しつつ)。


この人の文章は、朝日新聞の時評で読むだけだったけれど、今度まとめて読んでみて、稀代の文章家(現役ではもうひとり、小沢信男)だと感心した。ちくま文庫にもう一冊入っていたので、多分それも近いうちに読むと思う。

それで、手持ちのCDをあたってみると、この本で紹介されている指揮者、演奏が見つけられたので、二倍、三倍以上に楽しんでいる。

とくに、フルトヴェングラーは再発見。もともと好きな、ベートーヴェンのバイオリン協奏曲を、メニューインとやっているやつを廉価盤がでているので購入。書くときのBGM、いつも鳴っているのがいい。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可