君は大丈夫か  ─ZEROより愛をこめて

安野 光雅

友情とは? 恋愛とは?
人生とは?

悩み多き年頃を迎えた「順君」に宛てて書いた44の手紙。本の読後感をテーマに、友情や人生について温かい筆致で綴るエッセイ集。

君は大丈夫か  ─ZEROより愛をこめて
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:あ-19-3
  • 刊行日: 2008/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-42445-7
  • JANコード:9784480424457
安野 光雅
安野 光雅

アンノ ミツマサ

1926年島根県津和野生まれ。画家・絵本作家として、国際アンデルセン賞、ケイト・グリーナウェイ賞、紫綬褒章など多数受賞し、世界的に高い評価を得ている。主な著作に『ふしぎなえ』『ABCの本』『繪本平家物語』『繪本三國志』『安野光雅文集』(全6巻)『片想い百人一首』などがある。(写真:広石修)

この本の内容

「世の中はいろんな立場、いろんな考え方が入り混じって、とても複雑にできてるんだ。その中を君は生きて行かねばならぬ、やっと君は山道にさしかかったんだ。その道のりを苦しいと思うか、楽しいとみるかも、自分の感じ方次第だ。」―悩み多き年頃を迎えた少年への44の手紙を通じて語られる若者への熱いメッセージ。

この本の目次

サンタクロースにもらったプレゼントのこと。「君たちはどう生きるか」の真似みたいだけど、「走れメロス」のことをいう前にいっておきたい「先入観」のこと。そして、犯人を投票で探そうとしたはなし。
映画「運命の饗宴」の中の、同窓会で財布がなくなったはなし。先入観をなくして、ゼロから考えると、本当のものが見えてくるということ。
先入観をなくして「走れメロス」のことを考えるために、もう一度横道にそれて、浜田広介の「ないた赤おに」を読んでみよう。鬼とはなにか、ゼロから考えてみる必要がありそうだ。
鬼のモデルは人間だった。鬼という敵をつくることによって、もう一方の人間の安全をはかろうとしたようすが見えると、馬場あき子はいう。この手紙のなかにニタッと笑えるしかけもある。
「走れメロス」とシラーの詩。「必ず、邪知暴虐の王を除かねばならぬと決意した」メロスと、たまたまこれを書いている今、つまり1986・2・25のフィリピンのアキノ政権の樹立と無血革命のこと
メロスは、友に一切の事情を語った。セリヌンティウスは無言でうなずいた。甘んじて人質になる。そして縄をうたれる。メロスは出発する。初夏、おりしも満点の星である。
妹の結婚式を無事

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可