カフカ・セレクション 3  ─異形/寓意

フランツ・カフカ 著 , 平野 嘉彦 編集 , 浅井 健二郎 翻訳

カフカの<動物>たち。

あるアカデミーへの報告 歌姫ヨゼフィーネ、あるいは鼠の族 いかに私の生活は変化したことか 変身 など、19篇を収録。

カフカ・セレクション 3  ─異形/寓意
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:か-13-4
  • 刊行日: 2008/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-42453-2
  • JANコード:9784480424532
フランツ・カフカ
フランツ・カフカ

カフカ,フランツ

1883年、当時、オーストリア=ハンガリー帝国領のプラハに生まれる。ユダヤ系のドイツ語作家。法学を専攻し、1908年プラハの労働者災害保険協会に就職。1924年、死去。

平野 嘉彦
平野 嘉彦

ヒラノ ヨシヒコ

1944年生まれ。東京大学名誉教授。ドイツ文学専攻。著書『プラハの世紀末──カフカと言葉のアルチザンたち』『カフカ──身体のトポス』。訳書 アドルノ『アルバン・ベルク』ほか。

浅井 健二郎
浅井 健二郎

アサイ ケンジロウ

1945年生まれ。九州大学教授、東京大学名誉教授(ドイツ文学)。著書に『経験体の時間─カフカ・ベンヤミン・ベルリン』(高科書店)、訳書に『ベンヤミン・コレクション』(ちくま学芸文庫・既刊4冊)など。

この本の内容

現代文学に決定的な衝撃を与え、今なお“来るべき作家”であり続けるカフカの中短篇のほぼすべてをテーマ別に三冊に編み、最良の訳者の新訳でおくるベストセレクション。

この本の目次

「ああ」、と鼠が言った
猫が鼠をつかまえたのだった
それは大きな尻尾を
かわいい蛇よ
私はもともと蛇に
それはハゲタカで
私はここにはっきり表明しておくが
新しい弁護士
雑種
「奇妙だ!」とその犬は言って
家父の心配
夕方帰宅してみると
一枚の古文書
ジャッカルとアラビア人
その村はターミュルといった
あるアカデミーへの報告
歌姫ヨゼフィーネ、あるいは鼠の族
いかに私の生活は変化したことか
変身

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可