ちくま日本文学028 梶井基次郎

梶井 基次郎

不気味なものと美しいもの
厳しさとすがすがしさ

檸檬 桜の樹の下には  闇の絵巻 交尾 Kの昇天 ある崖上の感情  城のある町にて 橡の花 ある心の風景 冬の日 蒼穹 他 
【解説: 群ようこ 】

ちくま日本文学028 梶井基次郎
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2008/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-42528-7
  • JANコード:9784480425287

この本の目次

檸檬

栗鼠は籠にはいっている
器楽的幻覚
愛撫
桜の樹の下には
闇の絵巻
交尾
Kの昇天
ある崖上の感情
母親―断片
奎吉
大蒜
夕凪橋の狸
城のある町にて
泥濘
路上
橡の花
過古
雪後
ある心の風景
冬の日
温泉―抄
蒼穹
筧の話
冬の蠅
のんきな患者
手紙より

読者の感想

2014.11.03 原 大地

藝術に生きた人生であった梶井基次郎の作品は、今日では理解のし難い内容かもしれない。有名な「檸檬」でさえ、小説としては異色な作品である。しかし、文豪と呼べるであろう小説家たちが賛美するからには、この梶井基次郎の魅力は藝術に生きたものにしか分からぬものかもしれない。感情移入や物語の意図を求める前に、絵画を見るような心持ちで、この藝術作品を読んでもらいたい。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可