ちくま日本文学038 金子光晴

金子 光晴

女という異性を通して
人間を視ることができた人

詩人 どくろ杯より マレー蘭印紀行より 日本人の悲劇より 詩〔水の流浪 鮫 蛾 洗面器 くらげの唄 二十五歳 落下傘 他〕  
【解説: 茨木のり子 】

ちくま日本文学038 金子光晴
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2009/08/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-42568-3
  • JANコード:9784480425683

この本の内容

女という異性を通して人間を視ることができた人。

この本の目次

こがね虫より
水の流浪より
鮫より
落下傘より
蛾より
女たちへのエレジーより
人間の悲劇より
ILより
若葉のうたより
愛情69より〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可