化蝶散華

玄侑 宗久

先物取引に溺れて親の蓄えを使い込み、放浪の果てに僧侶となった理洲。彼につきまとう「魔物」とは。単行本未収録「宴」を併録。
【解説: 道尾秀介 】

化蝶散華
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体700円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:け-4-2
  • 刊行日: 2009/05/11
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-42607-9
  • JANコード:9784480426079
玄侑 宗久
玄侑 宗久

ゲンユウ ソウキュウ

一九五六年福島県生まれ。慶應義塾大学中国文学科卒業。八三年、天龍寺専門道場入門。現在、臨済宗妙心寺派福聚寺住職。花園大学仏教学科および新潟薬科大学応用生命科学部客員教授。二〇〇一年「中陰の花」で芥川賞を、一四年「光の山」で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。著書に、『禅的生活』(ちくま新書)、『荘子と遊ぶ』(ちくま文庫)、『やがて死ぬけしき』(サンガ新書)、『竹林精舎』(朝日新聞出版)などがある。

この本の内容

禅寺の入婿として副住職の地位につく主人公の理洲には、先物取引にハマり親の老後の蓄えをすべて失わせた過去がある。悔恨から家出、浮浪者になり果て、最後は寺に拾われ僧侶になる。彼にずっとつきまとうのは人間の欲望と金の関係。禅の修行や氣の鍛錬から彼は何を得るのか。風俗嬢や風来坊、寺再建に一億円を寄付する謎の紳士、また不思議な信仰をもつ人びととの邂逅は、彼をどこへ導くのか。単行本未収録短篇「宴」併録。

この本の目次

化蝶散華

読者の感想

2009.5.20 カピバラ

「お金って一体何?」ということをこれほど真正面からまたあらゆる角度から見せてくれた小説は初めてです。
併録の「宴」はちょっと衝撃的な話なのに、あまりに静かで美しい情景に見入るばかりでした。現役の僧侶がこの話を書かれたということに作品の深さを感じます。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可