陽気な黙示録 ─大蟻食の生活と意見〜これまでの意見編〜

佐藤 亜紀

9・11、文学、美食……
挑発に満ちたエッセイ、88篇

メディア、アメリカ、文学、美食……辛口批評で知られる著者が、本音で語りつくしたエッセイ集。単行本未収録作多数。文句のある奴は前に出ろ!

陽気な黙示録 ─大蟻食の生活と意見〜これまでの意見編〜
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:さ-33-2
  • 刊行日: 2010/01/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:512
  • ISBN:978-4-480-42670-3
  • JANコード:9784480426703
佐藤 亜紀
佐藤 亜紀

サトウ アキ

1962年新潟県生まれ。91年「バルタザールの遍歴」で第3回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビュー。2003年「天使」で芸術選奨文部科学大臣新人賞、08年「ミノタウロス」で第29回吉川英治文学新人賞。その他の著書に「戦争の法」「鏡の影」「1809」「雲雀」「醜聞の作法」「金の仔牛」などがある。

この本の内容

「賢くあることで大損するくらいなら、我々は愚かなままでいるべきなのだ」(『我々は愚民である』)、「アメリカの大統領選、あれくらい全世界に迷惑を及ぼすものはない」(『アメリカに帝政を!』)…戦争、9・11、メディア、論客、文学から現代美術、美食、近所の犬についてまで、辛口批評で知られる著者が本音で語り尽したエッセイ集。文句のある奴は前へ出ろ!単行本未収録作多数を加えた増補版。

この本の目次

私たちは笑いながら死んで行く
第1章 文明の衝突?
第2章 でも私は幽霊が怖い
第3章 不忠な犬、雑念の多いカラス
第4章 掟は天にはない
第5章 我々は愚民である

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可