アリとキリギリスの日本経済入門

土居 丈朗

そんな仕組みになっていたのか

金融資本主義は世界を単一の市場に変えた。連動して劇的に変化する日本経済を、構造改革や社会保障、格差、金融危機などの論点に沿って解き明かす。

アリとキリギリスの日本経済入門
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体760円+税
  • Cコード:0133
  • 整理番号:と-22-1
  • 刊行日: 2010/01/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-42679-6
  • JANコード:9784480426796
土居 丈朗
土居 丈朗

ドイ タケロウ

1970年奈良県生まれ。93年、大阪大学経済学部を卒業し、99年、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。東大社会科学研究所助手などを経て、現在は慶應義塾大学経済学部教授。著書に、『地方財政の政治経済学』(東洋経済新報社)、『入門公共経済学』(日本評論社)、『財政学から見た日本経済』(光文社新書)などがある。2007年、『地方債改革の経済学』(日本経済新聞出版社)で、日経・経済図書文化賞とサントリー学芸賞を受賞する。

この本の内容

イソップ寓話の「アリとキリギリス」は、働き者の「アリ」と享楽家の「キリギリス」を対比させて、倹約や勤労の美徳を説いた教訓譚として人口に膾炙している。しかしグローバリズムは、そうした「昨日の世界」を一変させてしまった。バブルから構造改革、社会保障、経済格差、金融危機などの重要な論点に沿って、連動して劇的に変化しつつある日本経済の過去・現在・未来を解き明かす。

この本の目次

第1部 昆虫村の「失われた十年」(昆虫村のくらし―経済のしくみ
キリ太さん、土地を買う―バブルの形成と崩壊
コガネゴンさん、苦労する―銀行の貸し渋りと金融危機 ほか)
第2部 改革は実を結ぶか(アリズミ村長、改革に燃える―構造改革
カブトンさん、輸出でかせぐ(1)―外需に頼る経済
カブトンさん、輸出でかせぐ(2)―大企業と中小企業 ほか)
第3部 明るい未来を切り開く(コガネゴンさん、またまたあわてる―サブプライム問題
キリ太さん、地方の疲弊を憂う―地域格差の真因
アリ子さん、仕事にはげむ―なぜ成長が必要か ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可