生きさせろ! ─難民化する若者たち

雨宮 処凛

若者の貧困問題を訴えた記念碑的ノンフィクション。JCJ賞受賞。湯浅誠、松本哉、入江公康、杉田俊介らに取材。最終章を加筆。
【解説: 姜尚中 】

生きさせろ! ─難民化する若者たち
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0136
  • 整理番号:あ-41-2
  • 刊行日: 2010/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-42767-0
  • JANコード:9784480427670
雨宮 処凛
雨宮 処凛

アマミヤ カリン

1975年北海道生まれ。作家。反貧困ネットワーク副代表。本書でJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)を受賞。2000年、『生き地獄天国』(太田出版、ちくま文庫)でデビュー。著書に、『「生きる」ために反撃するぞ!』(筑摩書房)、『雨宮処凛の闘争ダイアリー』(集英社)、『反撃カルチャー』(角川学芸出版)、小説に『バンギャル ア ゴーゴー』(講談社)など多数。

この本の内容

我々は反撃を開始する―。若者の貧困と、怒濤の反撃を社会に訴えた記念碑的ノンフィクション。なぜ「生きる」ことがこんなに大変なのか?企業に使い捨てられる派遺社員、名ばかり管理職の正社員、そして急増する若年ホームレス。作られた不安定層=プレカリアートの実態を徹底取材。湯浅誠、松本哉、入江公康、杉田俊介にも取材。JCJ賞受賞。最終章を加筆した。

この本の目次

第1章 「生きづらさ」とフリーターをめぐって―破壊された「働くこと」「生きること」
第2章 フリーターの実態
第3章 寄せ場化する都市
第4章 「働くこと」と「生きること」―心の病と格差社会
第5章 企業による殺人 過労自殺
第6章 抵抗する人々
第7章 なぜ、若者は不安定化したのか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可