玉子ふわふわ

早川 茉莉 編集

幸せな気分に包まれる

国民的な食材の玉子、むきむきで抱きしめたい! 森茉莉、武田百合子、吉田健一、山本精一、宇江佐真理ら37人が綴る玉子にまつわる悲喜こもごも。

玉子ふわふわ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:は-38-1
  • 刊行日: 2011/02/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:978-4-480-42798-4
  • JANコード:9784480427984
早川 茉莉
早川 茉莉

ハヤカワ マリ

ライター、編集者。『すみれノオト』発行人。編書に森茉莉作品集『貧乏サヴァラン』、岩本素白作品集『素湯のような話』など。著書に『森茉莉かぶれ』、『修道院のお菓子と手仕事』(共著)、『京都で寺カフェ』など。

この本の内容

玉子についてのアンソロジー。37人の作家による「玉子饗宴」。深尾須磨子、森茉莉、石井好子、福島慶子、三宅艶子、森田たま、中里恒子、住井すゑ、武田百合子、林芙美子、網野菊、池波正太郎、東海林さだお、伊丹十三、吉田健一、嵐山光三郎、山本精一、池田満寿夫、北大路魯山人、向田邦子、色川武大、田村隆一、神吉拓郎、細馬宏通、犬養裕美子、堀井和子、津田晴美、田中英一、熊井明子、田辺聖子、松浦弥太郎、室生朝子、筒井ともみ、辰巳芳子、林望、村井弦斎、宇江佐真理。

この本の目次

第1章 本の中、オムレツのにおいは流れる(卵料理(森茉莉)
東京の空の下オムレツのにおいは流れる(石井好子) ほか)
第2章 伊達巻を食べるのが、この世の楽しみの一つ(玉子料理(中里恒子)
美味さ(住井すゑ) ほか)
第3章 目玉焼の正しい食べ方(目玉焼きかけご飯(東海林さだお)
目玉焼の正しい食べ方(伊丹十三) ほか)
第4章 卵かけごはん、きみだけ。(卵とわたし(向田邦子)
おうい卵やあい(色川武大) ほか)
第5章 落ち込んだときはたまご焼きを(早起きトマトと目玉焼き(堀井和子)
風邪ひきの湯豆腐卵(津田晴美) ほか)
第6章 卵のふわふわ(金沢式の玉子焼き(室生朝子)
たまごの不思議(筒井ともみ) ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可