諸葛孔明

植村 清二

二十年の時空を超えて甦る
「戦略家・軍師」の実像

『三国志』の主人公の一人、諸葛孔明は、今なお「戦略家」「参謀」の典型とされる。希代の人物の卓越した事績を紹介し、その素顔に迫る。
【解説: 植村鞆音 】

諸葛孔明
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0122
  • 整理番号:う-33-1
  • 刊行日: 2011/03/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-42809-7
  • JANコード:9784480428097
植村 清二
植村 清二

ウエムラ セイジ

1901〜1987。大阪市に生まれる。十歳ちがいの兄宗一は作家の直木三十五。東京帝国大学文学部(東洋史)卒業。旧制松山高等学校教授、新潟高等学校教授を経て、1949年、新潟大学教授。退官後、国士舘大学教授となる。主な著書に、『万里の長城』『中国史十話』『神武天皇』『歴史と文芸の間』『楠木正成』『教養としての中国史』『アジアの帝王たち』などがある。

この本の内容

『三国志』の主人公の一人である諸葛孔明は、三国時代(220〜280年)、蜀の宰相として活躍した。彼は、曹操の魏や孫権の呉に比べて劣勢だった蜀の勢力を拡大し、主君の劉備亡き後も、縦横無尽の機略によってよく支えた。そして二千年を経た今日なお、「戦略家」「参謀」の天才として語り継がれている。基礎文献を丁寧に紹介しながら、この稀代の軍師の素顔と事績に迫る。

この本の目次

外戚と宦官
群雄の割拠
曹操と劉備
孔明の出身
草盧の三顧
曹操の南征
赤壁の戦
荊州の占領
益州の征服
漢中の占領〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可