山田風太郎幕末小説集 1 修羅維新牢

山田 風太郎

魔の運命にとらえられた
侍十人の物語

薩摩兵が暗殺されたら、一人につき、罪なき江戸の旗本十人を斬る! 明治元年、江戸。官軍の復讐の餌食となった侍たちの運命。
【解説: 中島河太郎 】

山田風太郎幕末小説集 1 修羅維新牢
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体950円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:や-22-30
  • 刊行日: 2011/04/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:400
  • ISBN:978-4-480-42811-0
  • JANコード:9784480428110
山田 風太郎
山田 風太郎

ヤマダ フウタロウ

1922年、兵庫県養父郡の医家に生まれる。『甲賀忍法帖』『くノ一忍法帖』などで数々の“風太郎忍法”を生み出し忍法帖ブームをまきおこす。『警視庁草紙』などの明治を舞台にした小説や、『戦中派不戦日記』『戦中派虫けら日記』などの日記文学、『人間臨終図巻』をはじめ死を見つめた著書等多数。1997年第45回菊池寛賞を受賞。 2001年、尊敬する江戸川乱歩と同じ、7月28日没。

この本の内容

「薩摩兵が暗殺されたら、一人につき、罪なき江戸の旗本十人を斬る!」―明治元年。江戸城は明け渡され、官軍が続々と江戸に入り出す。田舎侍に対して反発が高まるなか、官軍の隊長クラスが続けざまに殺されるという事件が起こった。薩摩軍先鋒中村半次郎は手当り次第に旗本十人を捕え、犯人が名乗り出るまで一日に一人ずつ斬首してゆくという壮絶な復讐を始めるが…。理不尽な運命の餌食となった侍たち十人の運命を描く。

この本の目次

江戸・明治元年
一人目・沼田万八
二人目・橋戸善兵衛
三人目・寒河右京
四人目・曾我小四郎、五人目・大谷十郎左衛門
六人目・桑山軍次郎、七人目・早瀬半之丞、八人目・鰻谷左内
九人目・久保寺民部、十人目・田代主水
牢の中・いのち十人
牢の外・いのち一人

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可