本を読むわたし ─My Book Report

華恵

ほの甘くおだやかで
ちょっと切ない少女時代。
かけがえのない想い出は、
いつも本と共にある。

いつも隣りに本があった。ほの甘く、おだやかで、ちょっぴり切なく、途方にも暮れた少女の日々を、本を手がかりに瑞々しく描き出す。
【解説: 松岡正剛 】

本を読むわたし ─My Book Report
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体700円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:は-40-1
  • 刊行日: 2011/09/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-42855-4
  • JANコード:9784480428554
華恵
華恵

ハナエ

1991年アメリカ生まれ。6歳から日本在住。10歳よりファッション誌でモデルとして活動。2003年の『小学生日記』(プレビジョン、のち角川文庫)で、その素直な感性と文章を高く評価される。2006年から筆名・芸名をhanae*から華恵に変更し、本書を刊行。続く2007年より『ひとりの時間』『キモチのかけら』『たまごボーロのように』(小社刊)『寄りみちこみち』(角川グループパブリッシング)『華恵、山に行く。』(山と溪谷社)を刊行。

著者に関する情報

「webちくま」にて、「こんにちは、華恵です」連載中。[こちら]

この本の内容

「ずっと本と一緒だった。アメリカでも、日本に来ても、一人の時も、いろんな人に出会った時も。」だから、大切な思い出は必ず本と結びついている。ほの甘く、おだやかで、ちょっぴり切なくて、途方にくれたりもした少女時代。そのひそやかな輝きを永遠に閉じこめたのびやかで瑞々しいエッセイ集。

この本の目次

I Like Me!
Deputy Dan and the Bank Robbers
Goodnight Moon
Madeline
Yo!Yes?
Green Eggs and Ham
きつねの話「てぶくろを買いに」「きつねとぶどう」
はせがわくんきらいや
ぼっこ
シューマン
小さき者へ
ココナッツ
卒業
非色

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可