なつかしの小学校図鑑

奥成 達 著 , ながた はるみ

あのころは、
毎日がお祭りだった

運動会、遠足、家庭訪問といった学校行事や、文具、給食、休み時間の遊びなど、楽しかった思い出の数々が甦る。イラスト250点
【解説: 南伸坊 】

なつかしの小学校図鑑
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体860円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:お-40-2
  • 刊行日: 2011/10/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-42870-7
  • JANコード:9784480428707
奥成 達
奥成 達

オクナリ タツ

昭和17年、東京都出身。詩人・エッセイスト。雑誌編集者、大学講師などを経て、現在フリー。ながたはるみ氏とコンビを組んだ『遊び図鑑』(福音館書店)はロングセラーになっている。その他、『駄菓子屋図鑑』(ちくま文庫)、『昭和こども図鑑』『昭和こども食べもの図鑑』(ポプラ社)、『昭和30年代図鑑』『昭和30年代スケッチブック』(いそっぷ社)、『宮澤賢治、ジャズに出会う』(白水社)など著作多数。

ながた はるみ
ながた はるみ

ナガタ ハルミ

昭和19年長崎県出身。イラストレイター。『植物あそび』『母さんの小さかったとき』(福音館書店)、『野外の遊びゲーム百科』(主婦と生活社)、『自然遊び12か月』(小学館)、風景画集『葉山情景』(そしえて)などの著作がある。

この本の内容

あのころは、毎日がお祭りのようだった。男女二人一組でやった日直の仕事。コッペパンと脱脂粉乳のミルク、アルミ容器の学校給食。廊下で興じたプロレスごっこ。階段の手すりを使った滑り台。作曲家の肖像画をいつの間にか覚えてしまった音楽室。ホルマリンの臭いが漂う理科室。待ち遠しかった運動会や遠足。晴れやかな気分の入学式と卒業式。誰にでも確かにあったあの時代の思い出の数々を、楽しい文章と豊富なイラストで活き活きとつづる。

この本の目次

1章 学校生活編(入学式
朝礼
日直 ほか)
2章 教室・校庭編(木造校舎
廊下のプロレスごっこ、しっぺ
休み時間のミサイル・ゲーム ほか)
3章 思い出の行事編(授業参観
家庭訪問
映画鑑賞の日 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可