屋上がえり

石田 千

屋上で会ったひとには
また会えそうな気がする

屋上があるととりあえずのぼってみたくなる。百貨店、病院、古書店、母校……広い視界の中で想いを紡ぐ不思議な味のエッセイ集。
【解説: 大竹聡 】

屋上がえり
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:い-73-1
  • 刊行日: 2011/10/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-42884-4
  • JANコード:9784480428844
石田 千
石田 千

イシダ セン

1968年、福島県生まれ、東京育ち。國學院大學文学部卒業。2001年「大踏切書店のこと」で第1回古本小説大賞受賞。著書に『月と菓子パン』(新潮文庫)『踏切趣味』(筑摩書房)『ぽっぺん』(新潮社)『店じまい』(白水社)『部屋にて』『みなも』(角川書店)『きんぴらふねふね』『並木印象』(平凡社)『平日』(文藝春秋)等のエッセイ集が多数。2011年、芥川賞候補作品を含む小説集『あめりかむら』(新潮社)を上梓。(写真撮影 久米簡)

この本の内容

屋上を見つけると、とりあえずのぼってみたくなる。百貨店、病院、古書店、母校…広々とした視界の中で湧き出る小さな想いを紡ぎだす不思議な味のエッセイ集。

この本の目次

人工芝に足あと
緑青の耳
愛猫病めり
フラレテシマエ
ナイターあります
お持ち帰りせず
夏の背なか
手帳より
延命第一
さよなら本館〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可