つらい時、いつも古典に救われた

清川 妙 著 , 早川 茉莉 編集

古典を心の枝にして

万葉集、枕草子、徒然草、百人一首などに学ぶ、前向きにしなやかに生きていくためのヒント。古典講座の人気講師による古典エッセイ。
【解説: 早川茉莉 】

つらい時、いつも古典に救われた
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体800円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:き-35-1
  • 刊行日: 2012/02/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-42909-4
  • JANコード:9784480429094
清川 妙
清川 妙

キヨカワ タエ

1921年、山口県生まれ。奈良女高師(現奈良女子大学)卒業。教職を経たのち文筆活動に入る。古典評論、エッセイなどの執筆のほか、万葉集、枕草子などの講座や講演会などで活躍している。『うつくしきもの 枕草子』『八十四歳。英語、イギリス、ひとり旅』『兼好さんの遺言』『心ときめきするもの──学び直しの古典』『つらい時、いつも古典に救われた』『清川妙が少女小説を読む 「なりたい自分」を夢みて』など著書多数。

早川 茉莉
早川 茉莉

ハヤカワ マリ

ライター、編集者。『すみれノオト』発行人。編書に森茉莉作品集『貧乏サヴァラン』、岩本素白作品集『素湯のような話』など。著書に『森茉莉かぶれ』、『修道院のお菓子と手仕事』(共著)、『京都で寺カフェ』など。

この本の内容

前向きに楽しく生きるためにも、古典の中から沢山のヒントを見つけよう。清川先生が自身に引き寄せて読み解く古典は、身近にいる友のようである。万葉集、枕草子、徒然草、百人一首などの古典に学ぶ生き方の知恵。

この本の目次

1 清少納言の心のバネ・好奇心(清少納言は腹心の友
性能のいい心のバネを持とう
小さな喜びの珠をつないで ほか)
2 兼好さんのしなやかな知恵(坂をくだる輪にはならない
心目ざめの小さな旅
仕事を持って生き続ける女性は美しい ほか)
3 古典のシンクロニシティー(百人一首
箱の中に入れるのは、いとしいものばかり
絵になる万葉の歌六首 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可