底抜け合衆国 ─アメリカが最もバカだった4年間

町山 智浩

9.11/アフガン攻撃/
イラク戦争……町山智浩が見た
戦時下のアメリカ

疑惑の大統領選、9・11、イラク戦争……2000−04年に発表されたコラムを集める。住んでみて初めてわかったアメリカの真実。
【解説: 内田樹 】

底抜け合衆国 ─アメリカが最もバカだった4年間
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ま-42-2
  • 刊行日: 2012/03/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-42912-4
  • JANコード:9784480429124
町山 智浩
町山 智浩

マチヤマ トモヒロ

1962年東京生まれ。早稲田大学法学部卒業。コラムニスト、映画評論家。カリフォルニア州バークレー在住。主な著書に『〈映画の見方〉がわかる本』(洋泉社)、『トラウマ映画館』(集英社文庫)、『トラウマ恋愛映画入門』(集英社)、『USAカニバケツ』『底抜け合衆国』(ちくま文庫)など多数がある。柳下毅一郎との共著に『ベスト・オブ・映画欠席裁判』(文春文庫)などがある。

この本の内容

得票数が負けたブッシュが大統領?/アメリカの底で見ていた9・11/スパイダーマンが泣いた日/ホラ新聞『ジ・オニオン』が伝える真実/「愛国法」でピースも禁止!?/シュワルツェネッガーのライバルは「アーノルド坊や」とポルノ女優…2000‐04年発表のコラムを集める。恐ろしくもマヌケな、アメリカの真実。単行本未収録原稿「2004年大統領選挙日記」を増補。

この本の目次

2000年(ブッシュもゴアも同じ穴のムジナ
ハンター・S・トンプソンの『大統領をやっつけろ』 ほか)
2001年(バブルがはじけて淋しいスーパーボウルCM
ニュー・エコノミー夢の跡 ほか)
2002年(アメリカン・タリバンを生んだのはホットタブか?
スパイダーマンが泣いた日 ほか)
2003年(トム・トゥモローが描くアメリカのいや〜な明日
75歳のミッキー・マウスを禁欲から解放せよ ほか)
2004年(砕け散ったジャーナリズム
スーパーボウルが拒否した「30秒間のブッシュ」CM ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可