旅情酒場をゆく

井上 理津子

酒飲みニッポン列島
旅から旅へ!

ドキドキしながら入る居酒屋。心が落ち着く静かな店も、常連に囲まれ地元の人情に触れた店も、それもこれも旅の楽しみ。酒場ルポの傑作!

旅情酒場をゆく
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0126
  • 整理番号:い-52-3
  • 刊行日: 2012/03/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-42926-1
  • JANコード:9784480429261
井上 理津子
井上 理津子

イノウエ リツコ

フリーライター。人物ルポや旅、酒場をテーマに活動中。12年間かけて書き下ろした「さいごの色街 飛田」を2011年に刊行し話題になった。著書に「大阪下町酒場列伝」「はじまりは大阪にあり」などがある。

著者からのメッセージ

酒場めぐり、もう一つの楽しみ[全文を読む]

この本の内容

知らない土地で、ちょっとドキドキしながら、居酒屋の暖簾をくぐるときの期待と不安は何とも言えない旅の楽しみである。地元の人に混じり人情に触れるもよし、静かに酒と料理を味わうもよし。酒場を求めて、山、海、温泉…。観光地や路地裏まで日本各地を旅しながら見つけた、あの店この店。全国24か所を旅した、酒場ルポの傑作。文庫オリジナル。

この本の目次

海のもんは山で食え…―和歌山・高野山
心の串カツを新世界で―大阪・新世界
夜の仙台、どぶろく雪見酒―宮城・仙台駅前
観光浅草のウラで飲む―東京・浅草
まぐろには「太平洋」がよく合う―和歌山・紀伊勝浦
ジュンサイ、岩牡蛎、地産地消―秋田・秋田駅前
鞆の浦、仙酔郷のほろ苦さ―広島・鞆の浦
コヒールンバと繁枡ぬる燗―福岡・天神南
伏見の酒のうんちく、大衆酒場にて―京都・三条
トンネルをぬけると酒場だった―新潟・六日市〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可