快楽としての読書 海外篇

丸谷 才一

魅惑の世界文学案内

ホメロスからマルケス、クンデラ、カズオ・イシグロ、そしてチャンドラーまで、古今の海外作品を熱烈に推薦する20世紀図書館第二弾。
【解説: 鹿島茂 】

快楽としての読書 海外篇
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ま-12-3
  • 刊行日: 2012/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-42938-4
  • JANコード:9784480429384
丸谷 才一
丸谷 才一

マルヤ サイイチ

1925-2012。山形県鶴岡市生れ。小説・批評・翻訳と、幅広い分野で活躍。68年『年の残り』で芥川賞、72年『たった一人の反乱』で谷崎賞、74年『後鳥羽院』で読売文学賞、85年『忠臣藏とは何か』で野間文芸賞、88年「樹影譚」で川端康成文学賞、99年『新々百人一首』で大佛次郎賞、2001年菊池寛賞、03年『輝く日の宮』で泉鏡花賞および朝日賞、10年『若い藝術家の肖像』(ジェイムズ・ジョイス)の翻訳で読売文学賞を受賞。2011年、文化勲章を受章した。

この本の内容

中身があって、面白くて、書き方が洒落ている。そして、その本をすぐに読みたくなる。それが丸谷書評の魅力だ。海外の傑作を熱烈に推薦した114篇。聖書とホメロスの新訳を味わい、中世フランスの村の記録に驚く。ナボコフ、クンデラ、エーコ、カズオ・イシグロ、そしてマルケス、バルガス=リョサの魅力を語り、チャンドラー、フォーサイスを楽しむ。書評傑作選第二弾。

この本の目次

1 イギリスの書評に学ぶ(イギリス書評の藝と風格について
マンゾーニ『いいなづけ』の書評を書き直す
カズオ・イシグロ『日の名残り』の書評に書き足す)
2 書評114選(シャガールの油絵のやう―アファナーシエフ『ロシア民話集』
愛のかたち―アルベローニ『友情論』『エロティシズム』
アッラーの恵み―『アラビアン・ナイト』
人間として生きることの誠実さ―W.H.オーデン『オーデン わが読書』
色名帖―ポール・オースター『幽霊たち』『鍵のかかった部屋』 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可