クマのプーさん エチケット・ブック

A.A.ミルン 原案 , 高橋 早苗 翻訳

笑いあふれる可愛い
プ―の教えと絵。

『クマのプーさん』の名場面とともに、プーが教えるマナーとは? 思わず吹き出してしまいそうな可愛らしい教えたっぷりの本。
【解説: 浅生ハルミン 】

クマのプーさん エチケット・ブック
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体740円+税
  • Cコード:0198
  • 整理番号:み-30-1
  • 刊行日: 2012/06/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:176
  • ISBN:978-4-480-42954-4
  • JANコード:9784480429544
A.A.ミルン
A.A.ミルン

ミルン,A.A

1882年生まれ、1956年没。本書所収のE.H.シェパード (1879-1976)のイラストとともに成る『クマのプーさん』『プー横丁にたった家』であまりに有名なイギリス作家。ほかの著書に『クマのプーさんとぼく』『クリストファー・ロビンのうた』『ぼくたちは幸福だった──ミルン自伝』『赤い館の秘密』などがある。

高橋 早苗
高橋 早苗

タカハシ サナエ

東京都生まれ。翻訳家。訳書にジョン・ノーブル・ウィルフォード『火星に魅せられた人びと』(河出書房新社)、アリアーナ・S・ハフィントン『ピカソ 偽りの伝説』(草思社)、エレイン・スコット『ハッブル宇宙望遠鏡 ──150億光年のかなたへ』(筑摩書房)など。

この本の内容

不朽の名作『クマのプーさん』『プー横丁にたった家』の名場面とともに、プーさんが教えるマナーとは?たとえば―。「不意にたずねていった先では、(中略)お茶を催促してはいけません。でも、それとなく身ぶりで示す(たとえば食器棚のほうをちらっと見る)くらいなら、かまわないでしょう」。思わず吹き出してしまいそうな可愛らしい教えたっぷりの本。

この本の目次

第1部 プーの礼儀作法(はじめに
よその家を訪問する
テーブルマナー
おもてなし
会話
手紙を書く
エチケット豆知識いろいろ)
第2部 じゅうようなたしなみについて

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可