快楽としてのミステリー

丸谷 才一

ちょっと高級な探偵小説案内

ホームズ、007、マーロウ――探偵小説を愛読して半世紀、その楽しみを文芸批評とゴシップを駆使して自在に語る、文庫オリジナル。
【解説: 三浦雅士 】

快楽としてのミステリー
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ま-12-4
  • 刊行日: 2012/11/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:480
  • ISBN:978-4-480-42999-5
  • JANコード:9784480429995
丸谷 才一
丸谷 才一

マルヤ サイイチ

1925-2012。山形県鶴岡市生れ。小説・批評・翻訳と、幅広い分野で活躍。68年『年の残り』で芥川賞、72年『たった一人の反乱』で谷崎賞、74年『後鳥羽院』で読売文学賞、85年『忠臣藏とは何か』で野間文芸賞、88年「樹影譚」で川端康成文学賞、99年『新々百人一首』で大佛次郎賞、2001年菊池寛賞、03年『輝く日の宮』で泉鏡花賞および朝日賞、10年『若い藝術家の肖像』(ジェイムズ・ジョイス)の翻訳で読売文学賞を受賞。2011年、文化勲章を受章した。

この本の内容

探偵小説を愛読して半世紀。ミステリーの楽しみを自在に語る待望のオリジナル文庫。ミステリー批評の名作として名高い『深夜の散歩』から最新の書評まで。ポー、ドイル、チェスタトンからクリスティー、フレミング、チャンドラーまで、そして、グリーン、バルガス=リョサ、エーコまで、さらには、松本清張から大岡昇平、大沢在昌まで、あっと驚く斬新華麗な名篇揃い。

この本の目次

1 ハヤカワ・ポケット・ミステリは遊びの文化―鼎談・丸谷才一×向井敏×瀬戸川猛資
2 深夜の散歩―マイ・スィン(クリスマス・ストーリーについて
すれつからしの読者のために ほか)
3 女のミステリー(酔つぱらひとアメリカ―クレイグ・ライス『素晴らしき犯罪』
ヨーロッパへゆく―パトリシア・ハイスミス『太陽がいっぱい』)
4 ミステリーの愉しみ―ホームズから007、マーロウまで(終り方が大切―エリック・アンブラー『影の軍隊』
角川映画とチャンドラーの奇妙な関係―レイモンド・チャンドラー『プレイバック』 ほか)
5 ミステリー書評29選(探偵小説に逆らつてロバート・L.フィッシュ『懐しい殺人』
彼女はなぜ殺されたかミュリエル・スパーク『運転席』 ほか)
6 文学、そしてミステリー(エンターテインメントとは何か―グレアム・グリーン
ブラウン神父の周辺 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可