星の王子さま、禅を語る

重松 宗育

『星の王子さま』に禅の思想?

『星の王子さま』には、禅の本質が描かれている。住職でアメリカ文学者でもある著者が難解な禅の哲学を指南するユニークな入門書。
【解説: 西村惠信 】

星の王子さま、禅を語る
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体740円+税
  • Cコード:0115
  • 整理番号:し-37-1
  • 刊行日: 2013/01/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-43017-5
  • JANコード:9784480430175
重松 宗育
重松 宗育

シゲマツ ソウイク

1943年静岡県生まれ。東京外国語大学英米語科卒、京都大学大学院修士課程修了(英米文学)。静岡大学、関西医科大学教授を歴任、現在は承元寺住職(臨済宗妙心寺派)。『禅林句集』『禅林世語集』夢窓疎石漢詩、夏目漱石俳句などの英訳出版により欧米への禅の紹介に力を注ぐ。日本語の著書には『モモも禅を語る』『アリス、禅を語る』『禅の贈りもの』のほか『大拙 禅を語る―世界を感動させた三つの英語講演』がある。

この本の内容

全世界で70年以上読み継がれているサン=テグジュペリの『星の王子さま』、この大ベストセラーに禅の思想がある?一見、難解で近寄りがたい禅、しかしそれは私たちの生活の身近なところにたくさん転がっている。これを禅僧であり、英米文学者でもある著者が『星の王子さま』を題材に、楽しく、わかりやすく説いてくれるユニークな入門書。

この本の目次

第1章 不立文字
第2章 直指人心
第3章 脚下照顧
第4章 主人公
第5章 色即是空(平等)
第6章 空即是色(差別)
第7章 一隅を照らす
第8章 自由
第9章 仏性
第10章 一期一会

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可