「教える技術」の鍛え方 ─人も自分も成長できる

樋口 裕一

どんな人でも「教え上手」
になれる秘訣とは?
解説 和田秀樹

ダメ教師だった著者が、「カリスマ講師」として知られるようになったのはなぜか? 自らの経験から見出した「教える技術」凝縮の一冊。
【解説: 和田秀樹 】

「教える技術」の鍛え方 ─人も自分も成長できる
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体680円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ひ-23-1
  • 刊行日: 2013/05/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:978-4-480-43053-3
  • JANコード:9784480430533
樋口 裕一
樋口 裕一

ヒグチ ユウイチ

1951年、大分県生まれ。早稲田大学卒。立教大学大学院博士課程満期退学。多摩大学教授。アフリカ・フランス文学翻訳家。東進ハイスクール小論文講師などを経て、小論文添削指導の白藍塾を主催。著書に『「教える技術」の鍛え方』(ちくま文庫)『ぶっつけ小論文』(文英堂)『高校入試 受かる!小論文』(学研)『小論文 これだけ!シリーズ』(東洋経済新報社・全8冊)『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP新書)他多数。

この本の内容

20代で初めて塾で教えた時、50人いた学生がみるみる減って5人ほどになってしまった…そんな痛い体験から、どうしたら授業をおもしろくできるか、日々工夫を重ね40代で「カリスマ講師」として、全国に知られるようになった。著者自らの経験から見出した「教える技術」を凝縮した一冊。これさえ読めば、いつ教える立場に立たされてもすぐに実践できる。

この本の目次

第1部 少数の人に対する効果的な教え方とは(少数の人を教える時の心がまえ
教える人間は、相手になめられてはならない
相手のモチベーションを持続させるには
相手のタイプに応じた説明の仕方をすること
おもしろい説明の仕方にはコツがある
わかりやすい説明をするには、どうしたらいいのか
相手の学ぶ気持ちを高める)
第2部 多数の人を教える場合、気をつけること(大勢を相手にする時の心構え
クラスをコントロールするにはどうしたらいいのか
教えるスタイルを決める
具体的な講義の進め方)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可