いつも夢中になったり飽きてしまったり

植草 甚一

男性諸氏の憧れ!
J・J氏の散歩と勉強は続く

男子の憧れJ・J氏。欧米の小説やジャズ、ロックへの造詣、ニューヨークから東京の街歩きまで、今なおフレッシュな感性で綴られるエッセイ集。

いつも夢中になったり飽きてしまったり
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:う-38-2
  • 刊行日: 2013/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:512
  • ISBN:978-4-480-43089-2
  • JANコード:9784480430892
植草 甚一
植草 甚一

ウエクサ ジンイチ

1908─1979年。東京都出身。早稲田大学建築学科中退。文学、音楽、映画の評論家。1935年に東宝に入社、宣伝部や調査部に勤務、1948年に退社後は、映画、ジャズの評論を本格的に書き始める。1970年代、若者に欧米を中心としたサブカルチャーを伝え、現在まで多くの支持者を生み、その博識と親しみやすい語り口で“J・J”の愛称で親しまれる。『ぼくは散歩と雑学がすき』『いつも夢中になったり飽きてしまったり』(ちくま文庫)、1976年晶文社より全集『植草甚一スクラップ・ブック』など著作多数。『ミステリの原稿は夜中に徹夜で書こう』では第32回日本推理作家協会賞(評論部門)を受賞。

この本の内容

男性諸氏の憧れ植草甚一!東京からニューヨークの街までぐるりと散歩と買い物。ジャズからちょっとマイナーな映画を勉強して、本の話で盛り上がったら最新のロックをつまみ食い。もちろんファッションやアメリカの風俗なんかも気にしながら…。ポップカルチャーが永遠なのか?J・J氏が永遠なのか?昨日書かれたみたいな生き生きした文章とその感性は完全に時代を超越している。

この本の目次

ニューヨークは思い出して書きやすいところだった
やさしい本ばかり読んできた
ジャズとロックの快的混沌状態のなかで
「草月アート・センター」時代はみんな若かった
なんにでも手を出しては失敗する男

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可