異形の白昼 恐怖小説集

筒井 康隆 編集

星新一、遠藤周作、小松左京…
様々な作家が描く「恐怖」
解説 東雅夫

様々な種類の「恐怖」を小説ならではの技巧で追求した戦慄すべき名編たちを収める。わが国のアンソロジー文学史に画期をなす一冊。
【解説: 東雅夫 】

異形の白昼 恐怖小説集
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体900円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:つ-19-2
  • 刊行日: 2013/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:400
  • ISBN:978-4-480-43092-2
  • JANコード:9784480430922
筒井 康隆
筒井 康隆

ツツイ ヤスタカ

1934年生まれ。同志社大学文学部卒業。作家。『聖痕』(新潮社)、『繁栄の昭和』(文藝春秋)、ほか著書多数。アンソロジストとしての仕事には、『60年代日本SFベスト集成』(ちくま文庫)をはじめとする〈日本SFベスト集成〉シリーズ、『異形の白昼』(ちくま文庫)、『12のアップルパイ』『実験小説名作選』などがある。

この本の内容

様々な「恐怖」を小説の力で表現する13編。都筑道夫「闇の儀式」、吉行淳之介「追跡者」、戸川昌子「緋の堕胎」ほかを収録。

この本の目次

さまよう犬(星新一)
蜘蛛(遠藤周作)
くだんのはは(小松左京)
甘美な牢獄(宇能鴻一郎)
孤独なカラス(結城昌治)
仕事ください(眉村卓)
母子像(筒井康隆)
頭の中の昏い唄(生島治郎)
長い暗い冬(曾野綾子)
老人の予言(笹沢左保)
闇の儀式(都筑道夫)
追跡者(吉行淳之介)
緋の堕胎(戸川昌子)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可