ぼくは本屋のおやじさん

早川 義夫

「ぼくはこの本を読んで、
バンドをやめることをやめた」
――大槻ケンヂ

22年間の書店としての苦労と、お客さんとの交流。どこにもありそうで、ない書店。30年来のロングセラー!
【解説: 大槻ケンヂ 】

ぼくは本屋のおやじさん
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体720円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:は-42-2
  • 刊行日: 2013/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-43119-6
  • JANコード:9784480431196
早川 義夫
早川 義夫

ハヤカワ ヨシオ

1947年東京生まれ。歌手(1967〜69年)、元書店主(1973〜95年)、再び歌手(1994年〜)。著書に、『たましいの場所』『ぼくは本屋のおやじさん』(ちくま文庫)、『ラブ・ゼネレーション』(文遊社)などがある。アルバムに、《この世で一番キレイなもの》《花のような一瞬》《恥ずかしい僕の人生》《歌は歌のないところから聴こえてくる》《I LOVE HONZI》等がある。

著者に関する情報

早川義夫公式サイト

この本の内容

22歳(1969年)ロックグループをやめ、小さな書店を始めた著者の奮闘記。置きたい本が入荷しない小さな店のもどかしさ。冊子『読書手帖』を作って客とふれあい、書店主同士で通信を作り交流。再び歌手を始めるまでの22年間で学んだ大切なこととは。文庫化にあたり、エッセイ8本と「早川書店」のブックカバー等を収録(絵=藤原マキ)。

この本の目次

第1章 ぼくは本屋のおやじさん(ぼくは商売に向いていない
なぜ本屋に欲しい本がないのだろう
本屋にはいろんな人がやってくる
リュック背負って本を買いに
ぼくの店は急行の停まらない駅みたいだ ほか)
第2章 書店日記
第3章 文庫版のために(父は僕の本を一二四冊買った
わいせつの方法
立ち読みについて
飴置きおばさんの話
いごこち ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可