うれしい悲鳴をあげてくれ

いしわたり 淳治

「言葉」の持つエンター
テイメントの可能性を開く一冊
解説 鈴木おさむ

作詞家、音楽プロデューサーとして活躍する著者の小説&エッセイ集。彼が「言葉」を紡ぐと誰もが楽しめる「物語」が生まれる。
【解説: 鈴木おさむ 】

うれしい悲鳴をあげてくれ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:い-80-1
  • 刊行日: 2014/01/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-43122-6
  • JANコード:9784480431226
いしわたり 淳治
いしわたり 淳治

イシワタリ ジュンジ

1977年青森県生まれ。1997年ロックバンドSUPERCAR のメンバーとしてデビュー。シンプルなバンドサウンドからダンス、エレクトロまでスタイルを柔軟に変化させ作品を発表。全曲の作詞とギターを担当。2005年のバンド解散後は作詞家としてジャンルを問わず数多くの楽曲を手掛ける一方、音楽プロデューサーとして、現在のロックシーンには欠かせない存在となった数多くのアーティストを手掛ける。また雑誌等への執筆も行っている。ソニー・ミュージックエンタテインメント CPファクトリー所属。

この本の内容

作詞家、音楽プロデューサーとして活躍する著者の小説&エッセイ集。

この本の目次

1 小説・顔色(顔色
さみしい夜は ほか)
2 エッセイ・似合う色の見つけ方(浮き浮きウォッチング
ヒラメキの4B ほか)
3 小説・うれしい悲鳴(うれしい悲鳴
面白い服 ほか)
4 エッセイ・NEW MUSIC(NEW MUSIC
殺人タクシー ほか)
5 ボーナス・トラック(CD屋敷
一時間、語れることはありますか? ほか)

読者の感想

2014.12.21 ハチ公さん

すごく面白い!いろんな話しが読めて、視点が面白い!普通の小説じゃあまりない感覚…作詞家だからこその視点なのかなぁ~と、思いました!!久しぶりに面白い本に出会いました♪

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可