あさめし・ひるめし・ばんめし ─アンチ・グルメ読本

日本ペンクラブ 編集 , 大河内 昭爾  

味にまつわる随筆から辛辣な批評まで、食の原点がここにある。文章の手だれ32名による庖丁捌きも鮮やかな自慢の一品をご賞味あれ。
【解説: 林望 】

あさめし・ひるめし・ばんめし ─アンチ・グルメ読本
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体880円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:お-68-1
  • 刊行日: 2014/02/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:978-4-480-43145-5
  • JANコード:9784480431455
大河内 昭爾
大河内 昭爾

オオコウチ ショウジ

1928-2013鹿児島県生まれ、早稲田大学国文科卒。文芸評論家。武蔵野大学名誉教授。長年にわたり「文學界」同人誌評を担当、若手小説家の発掘に努める。また食関連の雑誌編集長を務めるなど、食や紀行についての仕事も多い。主な著書に『青春文学ノート』『現代の抒情』『小説のすすめ』『文壇人國記』『かえらざるもの』『味覚の日本地図』『猫舌の食べ歩き』『随筆 井伏家のうどん』など。

この本の内容

味覚についての随筆から辛辣なグルメ批評まで、食にまつわるあれこれを手練れの文筆家32名が腕によりをかけて料理する。

この本の目次

饗宴(吉田健一)
鰯たちよ(三浦哲郎)
冷や飯に沢庵―増上寺大僧正道重信教氏の話(子母澤寛)
干海老の雑煮(草野心平)
古い梅干(水上勉)
食いしん坊(小島政二郎)
正体見たり「味の小島」(小島視英子)
高知(森禮子)
餅を焼くこと(永井龍男)
さくらもち(池田弥三郎)〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可