暴力の日本史

南條 範夫

無残! 酷烈!!
この真実から目を背けるな!!

上からの暴力は歴史を通じて常に残忍に人々を苦しめてきた。それに対する庶民の暴力はいかに興り敗れてきたか。残酷物の名手が描く。
【解説: 石川忠司 】

暴力の日本史
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体760円+税
  • Cコード:0121
  • 整理番号:な-47-1
  • 刊行日: 2014/05/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-43179-0
  • JANコード:9784480431790
南條 範夫
南條 範夫

ナンジョウ ノリオ

1908(明治41)年―2004(平成16)年。東京生まれ。東京帝国大学法学部、同経済学部卒業。満鉄調査部ほかを経て、國學院大學教授となる。『週刊朝日』の懸賞小説に入選。1956年「燈台鬼」で直木賞を受賞。以降、時代小説、歴史小説を執筆。「残酷もの」などでブームを引き起こした。主な著書に『残酷物語』『駿河城御前試合』〈月影兵庫シリーズ〉などがある。

この本の内容

古代から近世まで、上からの暴力は常に残忍酷薄な様相をもって、人々を苦しめてきた。それに対する庶民の暴力はいかに興り、そしていかに敗れてきたか。鮮やかに描く。

この本の目次

第1章 古代―無暴力の時代(もの言わぬ庶民たち―偽籍・逃亡・浮浪
集団的意志表示のきざし―愁訴)
第2章 中世―爆発する庶民の暴力(組織的暴力の発生―正長の一揆・嘉吉の一揆
はじめて権力を握った庶民―山城国一揆
暴力をささえた宗教―一向一揆)
第3章 近世前期―強大な支配者への反抗(中世的エネルギーの総決算―島原の乱
農民英雄の時代―代表越訴
領主に向けられたほこ先―惣百姓一揆)
第4章 近世後期―徳川幕府との対決(散発から連合へ―幕藩惣百姓一揆
公鮮たる武力闘争―三上騒動・武蔵大打ちこわし
利用された庶民のエネルギー―「ええじゃないか踊り」)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可