経済小説名作選

城山 三郎   , 日本ペンクラブ 編集

過酷労働、高度成長、海外進出、
昭和の男たちはどう働いた?

【収録作家】葉山嘉樹、横光利一、源氏鶏太、城山三郎、開高健、深田祐介、木野工、井上武彦、黒井千次、山田智彦。時代精神を描く10作品。
【解説: 佐高信 】

経済小説名作選
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体1,200円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:し-46-1
  • 刊行日: 2014/05/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:512
  • ISBN:978-4-480-43180-6
  • JANコード:9784480431806

この本の内容

過酷労働、高度成長、コマーシャル時代、海外進出、昭和の男たちはどう働いてきたのか?

この本の目次

セメント樽の中の手紙(葉山嘉樹)
機械(横光利一)
随行さん(源氏鶏太)
輸出(城山三郎)
巨人と玩具(開高健)
あざやかなひとびと(深田祐介)
樹と雪と甲虫と(木野工)
黄色い微笑(井上武彦)
聖産業週間(黒井千次)
特別休暇(山田智彦)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可