誰も調べなかった日本文化史 ─土下座・先生・牛・全裸

パオロ・マッツァリーノ

日本人はいつから、
土下座で謝るようになったのか?

土下座のカジュアル化、先生という敬称の由来、全国紙一面の広告。――イタリア人(自称)戯作者が、資料と統計で発見した知られざる日本の姿。

誰も調べなかった日本文化史 ─土下座・先生・牛・全裸
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体840円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ま-33-3
  • 刊行日: 2014/09/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-43200-1
  • JANコード:9784480432001
パオロ・マッツァリーノ
パオロ・マッツァリーノ

マッツァリーノ,パオロ

イタリア生まれの日本文化史研究者、戯作者。公式プロフィールにはイタリアン大学日本文化研究科卒とあるが大学自体の存在が未確認。著書に『反社会学講座』『続・反社会学講座』『誰も調べなかった日本文化史』『日本人のための怒りかた講座』(以上、ちくま文庫)、『つっこみ力』(ちくま新書)、『みんなの道徳解体新書』(ちくまプリマー新書)、『「昔はよかった」病』(新潮新書)などがある。

この本の内容

昭和初期の渋谷では牛が普通に歩いてた?いつから漫画家の先生にはげましのおたよりを出してたの?戦前の新聞の一面には広告しか載ってなかった?昭和30年代にクールビズ論争が?大正時代のダイエットブーム?戦国と幕末だけが歴史じゃない。忘れられた名もなき庶民の身近な歴史・文化史を史料から丁寧に洗い直せば、日本の歴史はこんなに意外でおもしろい!

この本の目次

第1章 つゆだくの誠意と土下座カジュアル
第2章 先生と呼ばないで
第3章 全裸のゆくえ
第4章 部屋と開襟シャツとわたし
第5章 絶えないものは、なんですか
第6章 名前をつけてやる
第7章 東京の牛
第8章 疑惑のニオイ
第9章 戦前の一面広告
第10章 たとえ何度この世界が滅びようと、僕はきみを離しはしない

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可