なんたってドーナツ ─美味しくて不思議な41の話

早川 茉莉 編集

甘くて、懐かしくて、
ほろ苦い、〈秘密〉

貧しかった時代の手作りおやつ、日曜学校で出合った素敵なお菓子、毎朝宿泊客にドーナツを配るホテル、哲学させる穴……。文庫オリジナル。

なんたってドーナツ ─美味しくて不思議な41の話
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体780円+税
  • Cコード:0193
  • 整理番号:は-38-2
  • 刊行日: 2014/10/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:978-4-480-43218-6
  • JANコード:9784480432186
早川 茉莉
早川 茉莉

ハヤカワ マリ

ライター、編集者。『すみれノオト』発行人。編書に森茉莉作品集『貧乏サヴァラン』、岩本素白作品集『素湯のような話』など。著書に『森茉莉かぶれ』、『修道院のお菓子と手仕事』(共著)、『京都で寺カフェ』など。

この本の内容

ハチミツを思わせるキツネ色に粉砂糖の白、匂い、サクサクとした歯触り、丸い形、ふくらみ、真ん中の穴、言葉の響き、ドーナツは幸せを運んできます。材料が乏しかった時代の手作りおやつ、朝食用のドーナツが段ボールでロビーに置かれるホテル、小さな教会の日曜学校が出合った初めて目にするお菓子、哲学的思考を呼び覚ます穴の存在―、多くのドーナツ好きが文章を寄せてくれました。

この本の目次

第1章 ドーナツの思い出(ミルクホールとドーナツ(吉沢久子)
焼いもとドーナッツ(五所平之助) ほか)
第2章 ドーナツの時間(おまけのドーナツ(林望)
愛の時間(熊井明子) ほか)
第3章 ドーナツの穴(ドーナッツ(村上春樹)
おへそがない!(角野栄子) ほか)
第4章 ドーナツのつくり方(ドーナツ(増田れい子)
ドーナッツ作りにうってつけの日(筒井ともみ) ほか)
第5章 ドーナツの物語(ドーナッツの秘密(長田弘)
ドウナツ(北原白秋) ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可